最近の投稿

諸経費計上

会社設立に伴う諸経費計上


会社設立に伴う諸経費計上によって、会社で生み出される利益をある程度コントロールする事で、税金対策が出来る事となります。こう言ったテクニックは、やはり税理士などの税務のプロに任せるととても安心な取引が出来ます。当然税理士の依頼料金なども経費としての計上が可能となり会社設立を行う時に、色々と足りない知識を補ってくれるとても役に立つ専門家となります。

こう言った会社設立についての状況でもやはり、わからない事は沢山あって特に税制改正などは、使うとメリットの高いものが沢山あったりする為に、会社設立を行っている段階でしっかりと税金対策を講じていく必要性があります。こう言った努力の中で生み出される利益などは、当然会社を支えている方々のしっかりとした数字として現れるわけですが、その苦労も知らない内に失う恐れなどがある事は税務の部分でもしっかりと勉強して置く必要があります。

こう言った会社設立についての考えからすると、特に良い条件での取引も多く取り分け良い対応が出来ている事となります。上手いタイミングでの経費計上などは、当然税理士の知識があってこそのものとなりますが、利益が出る状況であれば、節税対策で設備投資を行う所なども多い様です。

当然合法的に行わなければ、後から税務署が税務調査に来ると言った形ともなれば、間違った処理を行っている時に、延滞税などを支払ったりする事もあります。こう言った税務の部分をキッチリと考えるとやはり色々な税務の考え方が見えてくる事となります。

当然税理士などの依頼の基での処理ともなればより良い対応を行ってくれて、それに対応した処理で会社設立を行ったばかりの企業を良い方向へ導いてくれます。素人の集まりであれば、やはり疑問に思う事も多く難しい処理などはなかなか手が出せない状況となります。

会社設立を行って企業を安定的に運営出来る事がまずは第一の目標となりますが、そう言った所でもしっかりと支えとなってくれる状況は確実に必要となります。こう言った節税対策などを講じてくれる税理士などの助言やアドバイスを聞いて行動する事はとても安心出来て、今後の対応にも当然自分自身の税務の知識を上げる事にもつながっていきます。

こう言った会社設立での経費計上などで行われる節税対策も、色々な方法を用いて講じられる状況があり、その処理などにもさすがわ税務のプロと呼ばれるだけの状況を見出してくれる事となります。

個人事業という方法

自分で会社設立するのに個人事業という方法


自分で会社を設立しようと考えたら、株式会社とかいろいろな会社形態を検討するでしょう。もちろん、ひところに比べると株式会社設立も面倒さは少なくなってきています。それでも、自分でという以上、割合小規模で会社設立しようということでしょうから、初級編としての、個人事業主登録の方方法を採られたらいかがでしょう。

手続きは、とても簡単です。まずは、最寄りの税務署に出向き、個人事業主としての登録手続きについて、お聴きすれば、親切に教えてくれます。必要書類もほぼその場で揃えて、いただくことができます。

いくつか書き方の指導がありますが、難しいものではありませんし、後でわからなくなっても、もう一度訪問すれば教えてくれます。

そして、従業員を雇う場合の報告様式とか、事業年度が終了したときの税務申告の手続きも指導してくれます。

ポイントがいくつかあります。

まず、配偶者がいる方ですが、専従従業員として活用することができます。もちろん、仕事は伝票整理とかパソコン入力などをやってもらうことが前提です。そうすると、概算ですが年間98万円程度は給与として支払うことができ、経費で処理することができます。

その際は、税務上の配偶者控除は受けられなくなりますので、要注意です。また、健康保険の加入形態との関係も良く考える必要はあります。

もう一つ、会社設立時には、経理処理が不慣れですと面倒になります。でもこれは最低限必要ですので、ガンバりましょう。

帳簿を整理して青色申告をすれば、年65万円は税務控除できます。パソコンソフトを購入し、対応すればいいのですが、もし自信がなければ、青色申告会(税務署が教えてくれます)へ出かけて相談することです。最初の年度は無料のソフトを配布し、親切に手取り足取り教えてくれるところもあります。なれたら、市販のソフトに切り替えるか、青色申告会に入会し、ずーと面倒を見てもらうかどちらかでしょう。

ここまでできれば、会社設立で怖いものはありません。後は、経理費目に注意して、日報的にインプットすればよく、本来の事業推進に全力投球できます。
そうすれば、旅費交通費や什器備品も経費で処理できますし、交際費も使うことができます。
強いての注意点は、奥様と食事したお金を福利厚生費として計上する人がいますが、家族以外の従業員を雇っているのであればともかく、二人だけの場合は福利厚生費は認められません。
細かい点はあるにしても、自分で最初に会社設立する一番簡単な方法が、個人事業主としての登録です。

投稿一覧

Copyright©2017 会社設立を専門家に依頼するとお金はどれだけかかるのかAll Rights Reserved.