実績ある専門家へ

会社設立手続の代行は、実績ある専門家へ


あなたは今所属する会社に満足していますか。職位や給与面など、十分に満足しているという人は、実際には少ないでしょう。しかし、一部には満足しているという人もいます。職位も、給与面も、今のところは十分に自分の力を評価してもらっている、という人です。

そういう人は、独立起業しても成功するでしょう。会社人事という客観的な評価システムが、あなたをリーダーとして高く買っているわけです。人事は自分で評価するものではありません。他人があなたを高く評価しているならば、それは本物でしょう。

会社設立を考えてみてはどうでしょうか。あなたは独別な才能に恵まれた人なのです。会社設立をして、自分の社員を雇い、ともに繁栄の中で幸せになっていく姿を、思い描くとたのしくなってきますね。

独立起業をするうえでは、当然ながら資金面の問題をクリアしなければなりません。あなたの預貯金だけでは難しいでしょう。銀行融資や知人などからの援助が良いでしょう。担保があるならば話は早く進みます。ないならば、保証人を立てます。信用保証協会という公的な信用機関もあります。

資金面をクリアしたら、今度は会社設立手続のプロに相談します。ここで言うプロとは、特定の資格を持ち、会社設立手続に長年かかわっている人のことを指します。具体的には、税理士、司法書士、行政書士などです。

ただし、こうした資格を持っている人ならば誰でも良いというわけではないので、注意して下さい。税理士とはいえ、会社設立手続にはほとんどかかわったことのない人もいます。選ぶならば、会社設立を専門の一つとして行っている税理士などに、手続代行を依頼します。

この段階で代行を依頼する専門家については、会社設立後も長くかかわる可能性が高くなります。通常であれば、手続でお世話になった専門家に、設立後もお世話になります。税務上の相談や、経営システムの相談、経営コンサルタント的な相談など、多くの面でお世話になるものです。これを、一般に顧問契約と言います。要するに、設立でお世話になった人が、そのまま顧問になるのが普通なのです。

そのような背景から、設立時の専門家選びには、設立後のことも考えた事務所を選ぶ必要があるのです。また、あなたの会社が軌道に乗り、大きく育った後のことも考えましょう。大企業の顧問まで任せられる人なのかどうか、です。

自分の会社が大企業へと成長していくイメージを持ちながら、設立の時期を虎視眈々と狙っていきましょう。

Copyright©2014 会社設立を専門家に依頼するとお金はどれだけかかるのかAll Rights Reserved.